• 2018.1.9

ジスロマックの副作用が辛い!クラミジアに効く別の薬

個人輸入で治療薬を買うイラスト

ジスロマックは、比較的副作用が少ないクラミジア感染症の治療薬として知られています。
既往歴や体質によっては急性腎不全や肝機能障害などの辛い副作用を発症する事が稀にあります。

ジスロマックの別の薬としてニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンやトスフロキサシン及びテトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリンやドキシサイクリンなど通販でも購入可能な治療薬が用いられています。
テトラサイクリン系の抗生物質レボフロキサシンやドキシサイクリンは、クラミジアの病原菌内でタンパク質を生合成するリボゾームを構成するサブユニットと結合する事によりタンパク質の生合成を阻害し、静的な抗菌作用を発揮する治療薬です。
テトラサイクリン系の抗生物質の作用機序は、マクロライド系の抗生物質ジスロマックの作用機序と大きな違いがありません。
しかしマクロライド系の抗生物質は病原菌のリボゾームを構成する50sサブユニットと結合する一方でテトラサイクリン系の抗生物質は30sサブユニットと選択的に結合する違いがあります。

ニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンやトスフロキサシンは、マクロライド系の抗生物質やテトラサイクリン系の抗生物質の様なタンパク合成阻害効果による静的な抗菌効果では無く、DNAジャイレース阻害効果による動的な抗菌効果を発揮します。
レボフロキサシンは、病原菌の2重鎖構造のデオキシリボ核酸を切断する事で遺伝子情報のコピーを円滑に進めます。
そして切断したデオキシリボ核酸を再結合するDNAジャイレースと呼ばれる酵素の作用を阻害し、正常な遺伝子情報のコピーを抑制する事で病原菌の増殖も抑制されます。

レボフロキサシンは、DNAジャイレースの働きを阻害する事で傷ついたデオキシリボ核酸の修復も阻害するので病原菌自体を死滅させる動的な抗菌効果を発揮する点がジスロマックとの大きな違いです。
レボフロキサシンには、遺伝子情報の複製時に絡まってしまったデオキシリボ核酸を正常な形に戻す役割を担っているトポイソメラーゼと呼ばれる酵素の働きも阻害します。
デオキシリボ核酸の分配が滞る事により病原菌の増殖を抑制する医薬効果も発揮します。

クラミジア治療薬を通販で買う方法

クラミジアの治療に使われる薬としてはジスロマックが最もよく使われています。
しかし中には体に合わない人もいて、副作用が強く出てしまうことがあるので、そういった場合には同じ効果の期待できる他の薬を使用してクラミジアの治療を行うことになります。

ジスロマックに変わる別の薬とはニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンやトスフロキサシン及びテトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリンやドキシサイクリンなどで、いくつかの種類がありますが、どれも通販で購入することができる治療薬です。

しかし、これらの薬は市販薬ではないために、薬局などで手軽に購入することができません。
これらのクラミジア治療薬を購入したいと思った時には個人輸入をしている通販サイトを利用して購入することができます。
個人輸入といっても、普通に日本の通販サイトを使用する時と同じような仕組みで購入することができるので、特に難しいことはなにもありません。

通販サイトによっては為替の影響を受けて値段が上下するところがありますが、日本国内の通販サイトとの違いはその程度で、購入する際の手続きなどは大きな違いはないので、安心して利用することができます。
もしも、薬についての質問がある場合には、質問窓口があるのでそこから何でも質問をしてわからないことを解消してから購入することができ、普通の薬局で薬剤師に質問するように不安に思っていることを聞くことができます。

通販サイトを利用して購入する方法では、購入する量が一定量を越えていると送料も無料になるところが多いので、送料もかからずに家まで届けてもらえます。
ただ到着するまでには数日間かかることがあるために、日数に余裕をもって準備をしておく必要があります。

関連記事

ピックアップ記事
個人輸入で治療薬を買うイラスト

2018.1.9

ジスロマックの副作用が辛い!クラミジアに効く別の薬

ジスロマックは、比較的副作用が少ないクラミジア感染症の治療薬として知られています。 既往歴や体質によっては急性腎不全や肝機能障害などの辛い…

ページ上部へ戻る